女性の薄毛には女性ホルモンが効果的?病院で相談しよう

1人で悩んでも薄毛の症状は改善しない~病院で治療する~
病院で治療を始める前に~治療方法とカウンセリング~
サプリメントも上手く活用する~サプリメントの選び方~

改善しない薄毛は病院で治療~一人で悩むのは止めましょう~

女性

男性の中には年を重ねて薄毛になる人がいますが、それは女性にも現れる症状です。女性の薄毛による悩みを見ていきましょう。

40代から薄毛になりやすい。

女性が薄毛で悩むのは、高齢になってからのイメージを持つ人もいると思います。しかし、20代から薄毛で悩む人が出てきています。若いうちでも油断はできませんが、20代で薄毛に悩んでいる人は少ない方です。一番薄毛に悩む年代が40代です。女性の薄毛は、男性とは違い原因が人によって異なります。歳をとったから仕方ないと諦めないで、病院を受診し原因を調べてから治療しましょう。

女性が薄毛になるパターン

女性の薄毛は、男性と違い原因は様々です。その原因の多くは、頭皮のトラブルやストレス、ホルモンバランスの乱れによるものが挙げられます。ホルモンバランスの乱れは、出産や更年期障害で乱れることがありますが、それ以外に過激なダイエットや睡眠不足、不摂生などでも乱れてしまいます。そして、仕事や家庭環境、人間関係でストレスを過敏に感じて薄毛に繋がることもあります。ストレスとホルモンバランスの乱れが同時に起きてしまう人もいます。

病院を受診した方がいい理由

薄毛に気づいたら、まずは育毛剤や育毛効果のあるシャンプーなどを使用する場合が多いでしょう。それでも結果が得られないのなら病院で受診しましょう。

女性の薄毛は病院で治療するべきですか?
薄毛に気づき初めてから、育毛剤を使用しても必ず効果が出るとは限りません。また、たくさんある育毛剤から自分に合うものを探すのは大変です。育毛剤はすぐに効果が出ないため、しばらく使用し続け、効果がないと気づくと他の商品に替えることが多いでしょう。それを繰り返すと長い年月がかかってしまいます。育毛剤の効果が実感できないなら病院を受診してみましょう。髪は女性にとって大切なものです。歳だからと言って放っておくと皮膚の病気や精神的な病気になる可能性もあります。

薄毛を治療する病院

薄毛治療の為に受診することが出来る病院は主に2つあります。それぞれの病院の特徴を把握して、自分にあった病院を選びましょう。

皮膚科
薄毛は皮膚科で受診することができます。髪の毛は、頭皮から生えていて皮膚とは全く別のものと思われますが、解剖学では髪の毛は皮膚の一部が変化したものではないかと言われています。そのため、頭皮の状態が悪くなってしまうと、頭皮疾患などから抜け毛や薄毛になってしまいます。薄毛は皮膚科で受診することができます。
頭髪専門クリニック
薄毛や抜け毛で悩む人のための専門的な病院もあります。女性の薄毛の原因はストレスやホルモンバランスの乱れなど様々ですが、どれが原因でも専門病院で受診して治療することができます。薄毛や抜け毛の専門病院なので、確かな原因を調べて有効的な治療を進められます。自分に合う育毛剤を探し続けるよりも早く治療できます。

薄毛治療を無駄にしない~女性ホルモン分泌を促す生活~

薄毛に気づいたら病院で受診をして治療を開始しますが、治療をムダにしないためにも女性ホルモンを味方につけましょう。

女性ホルモンを味方につける

女性ホルモンが正常に分泌されることで、肌や髪の毛が生き生きと健康的に保たれます。しかし、女性ホルモンの分泌量は20代後半がピークで、その後30代前半以降から減って行きます。女性ホルモンが減ると髪の毛を健康的に保つことが出来なくなります。そうなると髪の毛1本1本が細くなり、弱ってしまうことで薄毛に繋がります。その他にも女性ホルモンの減少で更年期障害にもなります。女性ホルモンは女性にとって様々な面で重要なものとなるのです。

薄毛治療でも注目されている女性ホルモン

女性ホルモンと髪の毛の関係というのは非常に深い繋がりがあって、実際に薄毛治療の現場でも注目され始めています。

薄毛治療と女性ホルモンの関係について教えて下さい。
女性ホルモンが減ると髪の毛の元気なくなり薄毛に繋がります。そのため、女性ホルモンを補充することで薄毛を治療できると考えられています。しかし女性ホルモン補充療法は、更年期障害の治療では行われていますが、薄毛治療に関してはまだ臨床データがなく普及はしていません。そのため、女性の薄毛治療=女性ホルモンの補充ということで治療はされていません。しかし、実際にこの女性ホルモン補充療法で薄毛が治っている人も大勢いるため、女性ホルモンの量と薄毛の改善には深い関係があるのです。

女性ホルモンを増やす生活

女性ホルモン補充療法が注目されているとはいえ、まだ普及していないのは事実です。そこで、普段から女性ホルモンの分泌を促すような生活を心掛けましょう。

規則正しい生活
薄毛になったからと言っても、その人の女性ホルモンが全く出ていないわけではありません。まずは規則正しい生活でホルモンバランスを整えることが大切です。普段の生活の中で睡眠不足は女性ホルモンの分泌を低下させてしまいます。さらにストレスを溜め込んでしまい、上手く発散することができない場合にもホルモンバランスは崩れてしまいます。
健康的な食事
分泌されている女性ホルモンのバランスを崩さないためには、規則正しい生活が大事です。規則正しい生活の中には食事も含まれています。好きな食べ物だけを食べるのではなく、バランスのとれた食事を普段からこころがけましょう。食べ物の中に「大豆イソフラボン」を含むものは、女性ホルモンと同じような働きをするため積極的に摂りましょう。

サプリメントを活用

普段の生活をすぐに改善することは難しいです。特に食事のバランスを考えることは大変です。しかし、これ以上ホルモンバランスを悪くさせないためにも、栄養バランスを摂ることは大切です。栄養を考えて食事をしている暇が無い人でもサプリメントを取り入れると簡単です。自分に足りないと感じている成分をサプリメントで摂取することから初めてみましょう。

TOPボタン